Skip to main content

ABOUT / CONTACT



Soundcloud / Bandcamp / YouTube  


CRUNCH   / mail  crunch@live.jp  

Three piece female outfit from Nagoya Japan. They are often referred to as post-punk /new wave sound, but also are inspired by universal sounds like Burt Bacharach or Marcos Valle.

"Japan Times" reviewinterview  
"beehype" best of 2016

member L to R
Yoshiko Jinno(神野 美子)(Dr.cho)
Noriyo Hotta(堀田 倫代)(G.vo.)
Reina Kawagoe(川越 玲奈)(B.vo.)


堀田倫代(Gt/Vo)、川越玲奈(Ba/Vo)、神野美子(Dr/Cho)の3人からなる名古屋のインディーポップバンド。ポストパンク/ニューウェイヴから影響を受けたサウンドは、Cibo Matto(チボ・マット)やNav Katze(ナーヴ・カッツェ)とも比較される。

2013年4月、英ガーディアン始め37カ国の音楽サイトが共同で各国のインディーバンドを紹介する企画「Music Alliance Pact」に掲載。それをきっかけにアルバムのレコーディングを開始。

2014年1月にリリースした1stミニアルバム『ふとした日常のこと』が海外メディアbeehypeの「Best Albums of 2014」に選出。never young beach、D.A.N.、LADY FLASH、For Tracy Hyde、古川麦+千葉広樹デュオらと共演。

2016年2月にはPANIC SMILEの松石ゲルが録音、レミ街/tigerMosの荒木正比呂がミックスしたEP『blue blue blue』を発表。米ピッチフォークのライター、パトリックにJAPAN TIMES紙上でレビューされる。EPリード曲「blue」は世界各地の音楽メディアで取り上げられ2万回以上再生されている。

2016年9月にYumi Zouma来日公演サポート、10月に岐阜OTONOTANIのメインステージ出演(トクマルシューゴらと共演)。2017年、春より新作をレコーディング中。

Popular posts from this blog

CRUNCH『てんきあめ』(Tenkiame)

We are recording now